アナタの負担が大きく減る!優秀な弁護士を見つけよう!

優秀な税理士の見分け方

ここを見て慎重に選ぼう!

相談ができる頼れる税理士

社長というのは本来、自社の経営について考えていなければなりません。しかし社長自らが税務について処理する企業もあります。
そんな企業が税理士へ依頼するのならぜひ人事や許認可、更には経営についての相談やアドバイスができる税理士へ依頼しましょう。経営のこと以外を税理士へ依頼し社長は自社の経営について考える、このサイクルが出来れば会社は大きく発展すると言われています。すべて自分でやるのではなく、使える人材は積極的に使う。それが会社のあり方ではないでしょうか。
また当然のことながら記帳ミスや漏れがない税理士へ依頼する、というのは別の項目で申したようにベターですのでプラスアルファとして考え、優秀な税理士を見極めていきましょう。

融資や節税対策をしてくれる?

税理士と言えば税金やお金についてかなり強みのあるイメージですが、実はそうではありません。
申告などの税務は得意だが、節税や融資に関して得意だという税理士が意外と少ないものです。そのため、3~4ヶ月前の節税対策や、融資についてアドバイスをくれる税理士は、非常に優秀だといわれています。いくつもある税理士事務所から担当者を選択する際には、これらを参考にしてみてください。
また当然のことながら高飛車な態度を取らない、連絡のレスポンスが早い税理士を選ぶことで、次回の税務も依頼しようとおもえます。税理士事務所の中には、担当者のプロフィールや得意な分野を確認できるように配慮しているところもありますので事前チェックをするのもよいでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る